一、 あけ初める 春 田島の野辺を
うすくれないに 染める いのちよ
高き のぞみ 胸に
友と交わす ほほえみ 薫れ
野の幸の 花 さくら草
二、 陽に燃える 夏 躍るわれらの
髪もみどりに 染める ひかりよ
熱き こころ むすび
友とつどう まなびの庭に
仰ぐ樹の 葉を わたる風
三、 澄みわたる 秋 武蔵の丘を
あかむらさきに 染める みのりよ
若き ちから あわせ
友とうたう うたごえ響け
荒川の 岸 あらう波
四、 風 はやき 冬 遠やまなみを
白く 清しく 染める いのりよ
堅き ちかい 永遠に
友と伝え つらねる翼
はろばろと 空 翔けてゆけ
われら 田島 田島中学